MEO(ローカルSEO)とは

MEOとは「Map Engine Optimization」の略称で、Google Mapの地図検索エンジンに対してサイトを最適化する事を指します。

Googleでは、駅や都市などの地域名を含んだキーワードで検索した際、検索結果のファーストビューとして通常の検索結果よりも上位に表示されるエリアがあります。

このエリアは、地図上に検索結果に該当する店舗、施設等がポイント表示されるので、目的の場所を訪問しようとしている人に対して、非常に高い見込み効果があります。

MEOの施策を行うことにより、このエリアに表示されることが可能になります。


利用ユーザの動向

Googleは検索エンジンのシェアで7割弱を占め、Googleマップにおいては実に9割近くのユーザーが利用したことがあるという結果が出ています。

Googleマップを利用したユーザーのうち、8割弱がお店に電話をしたり訪問したりするアクションを起こしており、その利便性の高さが伺えます。


利便性の高いサービス

  • ユーザーが「場所」+「目的」のキーワードで検索を行うと、検索結果に店舗一覧が表示されます。
  • 検索結果の店舗をタップすると、店舗の情報と共に電話や経路などのボタンが表示されます。
  • ユーザーはそのまま目的の店舗に直接電話をかけたり、店舗までの経路を表示させて実際に向かうことができます。

「地域名_◯◯」×6パターンを上位表示

ピーシーネクストでは、ご希望の地域名とキーワードの組み合わせから6パターンを抽出し、それぞれの上位表示が実現できるよう施策を行います。

例えば「宮崎」と「整体」の組み合わせの場合、以下の6つが対策ワードになります。( _ はスペースです)


MEO対策のメリットまとめ

  • SEOよりも上位表示されるケースが多く、クリックされやすい。
  • 電話・経路・Webサイトへのアクションが簡単。
  • ポータルサイトやSEOに比べ、比較されにくい。
  • SEOに比較して上位表示がはやく、費用対効果が高い。
  • 口コミ、写真、動画でユーザーの信頼性を獲得、来店率の向上につながる。