Googleストリートビューとは

Googleストリートビューとは、そこに行かなくてもスマホやパソコン上で、あたかもその場所にいるかのようにバーチャルな世界を体験できるGoogleが提供するサービスのことです。

Googleストリートビューでは、屋内版のサービスもあり目的のお店を探している人に店内を移動しているかのように見せることができます。

お店を探している人にとっては事前に下見に行くようなもので安心感を得ることができ、お店にとっても店内イメージを見込み客にアピールできるので他店との差別化に有利になるようです。

一般的なWEB広告にはランニングコストが掛かりますが、屋内版のGoogleストリートビューにはランニングコストは一切かかりません。発生するコストは初回の撮影費用のみです。


お客様の気持ち

入ったことのないお店は不安と感じるのは誰にでもあるのではないでしょうか?Googleストリートビューはバーチャルな世界でお店の中を自由に見てもらえることでお客様の行動を後押しして来店につなげます。

また、自分の好きな雰囲気のお店を探しているお客様にもお店の魅力を伝えやすくなるので選んでもらう可能性が高くなります。


今だから生きるビジネスアピール

  • 日本で検索に使われるのはGoogleが75%
  • お店や企業の情報を検索する際、 地図サービスを利用する人は全体の44%。
  • 検索結果の情報に写真やバーチャルツアー(Googleストリートビュー)が入っていると、ユーザーの関心が2倍に高まる。
  • そのうちの平均41%の人が店舗や企業を訪問。

※参考:Mobile Search Engine Market Share Japan | StatCounter Global Stats および google


お問い合わせから納品まで

ピーシーネクストは、地域密着でGoogleストリートビュー導入をお勧めしておりますので、現在宮崎市内の店舗様のみお受けいたします。

さらに効果を上げるためMEO対策の導入をお勧めすることがあります。

Googleストリートビューをお店や施設に導入するまでの流れを、簡単に説明しております。ご不明な点があればお問い合わせください。